事業内容

Business model

新規性/独自性

NerveNetはアーキテクチャ製品であり、他のネットワーク製品やシステムとは異なる概念で研究開発してきた世界で唯一無二の製品です。NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)との10年に及ぶ共同研究において、地域ネットワークをコンセプトベースで創造してきた独自性に、類似製品は存在しません。NerveNetを構成するコア技術は10数個の特許で固められており、本製品をコア利用することで新しい独占的なネットワークサービスを提供できます。

ターゲット市場

ターゲットはIoTサービス市場ですが、現在様々な地域で実証実験中のLPWA+キャリア回線+クラウド構成のサービスモデルではありません。私たちが目指すのはデバイス同士が直接コミュニケーションするためのIoTサービス市場です。IoTサービスの本来の目的は、人が数キロ~10数キロを移動しなければ確認できなかったその場所の状況・モノの位置/状態・イベント変化などを簡単に検知できるようにすること。また、リモート機器操作や地域内メッセージ交換を可能にすることです。そうした通信環境が整った後の付加価値サービスとして、ビッグデータ収集やAI分析なども考えています。誰もが簡単にIoTサービスを利用するためには、地域ネットワークが不可欠。地域ネットワーク内でセンサ情報分析やデバイス管理を動的に行う必要があります。そのようなIoTサービスのためのプラットフォームを実現するのが“NerveNet”なのです。
NerveNetを地域ネットワークとして運用することで、耐災害・緊急ニーズ、個人・グループニーズ、エリアニーズに対応したサービスを分散協調しながら提供できます。

目指すべき将来事業

SNSは人と人を有機的につなげるサービスです。私たちが目指すデバイス・コミュニケーション・サービスは、デバイスとデバイスを「有機的に」、「リアルタイムに」、「必要に応じて」階層化連携するサービスです。階層化連携とは、デバイス属性の違いを階層化定義することにより、様々なデバイス情報を分散管理できる新しい情報共有機能です。AIは自らの深層学習テーブルを管理して分析結果を出していきますが、人間のように相互連携して新しい結果を生み出すことは困難です。NerveNet技術を発展させることで、AIを搭載したデバイス間におけるコミュニケーションを実現し、その結果、AI同士の協調学習が可能となり、さらなる新しいサービスを生み出す基盤を提供していきます。

すでに事業モデルを構想中の専門企業様

詳しく見る 詳しく見る

詳しく見る

IoTゲートウェイ製造・販売企業様
IoTゲートウェイ製造会社・販売企業様が取り扱う組み込み型ハードウェアに、ナシュア・ソリューションズが提供するソフトウェアを組み込むことで高信頼のネットワークを構築。

サーバ(クラウド)アプリ提供企業様
V基地局機能を発揮するソフトウェアを指定のサーバ(クラウド)環境に移植。VPNによるスマートフォン同士によるP2Pデータ通信など、次世代サービスの開発が可能です。

リモートアクセスVPNサービス企業様
社内LANにNerveNet屋内ユニットを設置し、LTE回線からインターネットに接続。ERB(Ethernet Remote Bridge)によるVPN相互接続を実現します。

広域エリアネットワーク構築企業様
LPWA(Low Power Wide Area)/FWA(固定無線アクセス)を利用して、広域特定エリアネットワークをスムーズに構築。農業支援や観光支援など、様々なサービスを展開できます。

高セキュリティな
分散型情報共有システム構築企業様
各拠点で収集した情報をVPN回線で即時共有。各拠点単位でのAI分析も可能、様々な情報と組み合わせて新しいビジネスの創出も期待できます。

IOT環境で双方向通信による
リモートアクセス環境を構築したい企業様
NerveNet独自の暗号方式/機器認証方式による高セキュリティなVPNとLPWA(Low Power Wide Area)を組み合わせた双方向通信システムを構築できます。

漠然とした事業ニーズを抱く一般企業・自治体様

詳しく見る詳しく見る

IoTを活用した新しいサービスに着手したい

住民に喜ばれる地域情報サービスを構築したい

IoTを活用した新しいサービスに着手したい

住民に喜ばれる地域情報サービスを構築したい

ページトップへ

お問い合わせ

Contact

電話お電話でのお問い合わせ

TEL.03-3341-6003

(平日 9:00~17:00)

メールメールでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求はこちら